ブログ

11月11日(金) 正倉院展の続き

2011年11月11日コメントをどうぞ

途中、志戸坂での事故で少し鳥取道へ入る粟倉ちょうで通行止めにあったが、予定より早く午後7時過ぎには鳥取駅南口へ帰って来た。という事で、本日2度目の更新!

奥さんと母に連れられて無理やり!?参加させられた(させて頂いた)今回の読売旅行の『「第61回正倉院展」見学と興福寺「阿修羅像」見物』日帰りバスツアーは素晴らしかった。

22人の中型バスツアーで朝8時20分に鳥取駅南口を出発し、中国道から第2阪奈道を通り3時間半ほどで興福寺へ到着。天平時代を代表する国宝阿修羅像などの仏像を拝観した。外敵を威嚇するかのように怒りの形相をしているのが普通の阿修羅だが、興福寺の阿修羅像は我々を優しく諭してくださるように穏やかなお顔をしておられ、反省を促され心癒されるようだった。今回はガラスケース無しのオープン展示で至近距離から伝わる迫力は感動的だった。

なんとも心癒される穏やかな仏像のお顔を拝見しながら、世のなかの人々が皆このような穏やかな顔になれたら・・・と思いながら、恐る恐る側にいた我が家の阿修羅さんを見ると、今日は穏やかに・・・。

正倉院展では、天平文化を彩どった太刀や献上箱など、見応えのある名品を鑑賞した。その中でも、足利義政や織田信長そして明治天皇など歴代の天下人を魅了した香木『蘭奢待』には圧倒されるような迫力があった。沈丁花科の木に特殊な樹脂が付着して出来たこの香木は室町時代から『蘭奢待』として知られ、1000年の歳月を経た今尚、香りの成分をとどめているとの事だ。

明治天皇が、『蘭奢待』の香りを薫じられた時、その場が香りに満ち、「くんえんほうふんとして、あんぐうりみつ」と表現されたそうだ。ちょっと難解だけど・・・。

聖武天皇が出家された後に着用されたという袈裟にも感動した。音声ガイドでは、「袈裟は、濁った色という意味のサンスクリット語カーサーヤが語源で、本来ボロ布を縫い合わせたものです。そう言う事も意識してこの袈裟は作られています」などという説明があった。聞きながら、「本来ボロ布で質素なものだった袈裟を、近年お坊さんが金襴のきらびやかな袈裟を着用するようになり、それを称して”大袈裟”というようになりました・・・」などという話が加われば、面白かったろうに・・・と思いながら、”大袈裟”をまとっている自らの反省も込めて想いをめぐらせた。

総勢23名のツアーだったが、御年輩の方が多く、後ろの席のおばちゃんグループは、バスに乗った途端、喋りっぱなし・・・。「うちげの孫がな~・・・」。「そげか~、さ~さ~、うちげもだが~・・・がっははは~」と・・・。バスのエンジン音より賑やかだった。

興福寺五重の塔

 

  • 五重の塔と・・・
  • 掲示板に耳の痛い言葉が・・

 

正倉院展到着

 

奈良公園のバンビちゃん

11月11日(金) 正倉院展

2011年11月11日コメントをどうぞ

読売旅行の日帰りバスツアーで、奈良の興福寺と、奈良国立博物館の正倉院展に行って、今、帰り道のバスの中 。

天平時代の国宝の数々を拝観したが、中でも、香木『蘭じゃ待』は、印象深かった。

バスの中、スマートフォンで更新してたら、酔いそうになってきたんで、中断・・・

11月10日(木) ドキッとする話だった

2011年11月10日コメントをどうぞ

お寺に来られた方と、「年寄り笑うな行く道だ・・・」という話になり、話をしながら、先日新聞で見た姥捨て山の話を思い出した。

ある男が自分の母である老婆をかごに入れ、前を自分が引き、後ろを孫が押して山へ入り、この辺でよかろうと老婆の入ったかごを置き帰る事にした。少し山を下り始めた時に孫が、「大事な忘れ物をしたから戻って取って来る」という。お父さんは「忘れ物なっどしていないぞ」と言って山を降りようとした。すると孫が、「お父さんが老人になった時に、かごがいるから取りに戻る」といい。それを聞いたお父さんは反省して老婆を連れ帰ったとのこと。

ちょっと、ドキッとする話だった・・・。

11月 9日(火) 8本の指

2011年11月09日2件のコメント

東伯町八橋の法輪寺さんで会議があり出席した。来年の6月に鳥取県当番で米子全日空ホテルで開催される『中四国教化研究会議』という大そうな名前の会議があり、その運営委員会が12月初旬に開かれるので、その打合せを行い資料を作成した。

先日学成寺で受講したコーチングの講習を受ける事にしようという話になったが、100人の参加者のお坊さんが素直に講習を受け入れる事ができるかどうかちょっと心配・・・だ。

来年で36回目を向かえる会議だが、私の過激な!?提案で、「場所がホテルなんで、開会式でお経を読むのも、研修中に袈裟衣を着用するのも遠慮させてもらいましょう~」と。果たして、運営委員会でどうなるか・・・。脚下となるか・・・。

いつも事務仕事をして下さる法輪寺さんの御子息が、11月1日から、千葉県市川市にある法華経寺というお寺で始まっている100日の荒行(1日に7回の水行に読経三昧の修行)に入られている為に書記さんが不在で、私がパソコンを打つ事になった。そばで見ていた宗務所長さんはパソコンが不得意のようで、「学成寺さん~、8本の指が動いとりますな~」といわれるので、「一応10本あるんですけど~」と・・・。相変わらず私のせいで脱線が多く・・・。

パソコンを前に

11月 8日(月) ホラは吹ける

2011年11月08日コメントをどうぞ

*夕べ2階でトランペットの音がするので何事かと思ったら、甥っ子が吹奏楽の練習の為にレンタルしたトランペットを吹いていた。結構上手に音を出していたので、「どれどれ、おじちゃんも・・・」と言って、吹こうとしてみたが音が出ず、するとそばから、「おじちゃんの吹くのは、ホラだけ」と・・・。年輪を重ねた人間の”ホラ”は一味違うぞ~と思ったが、ホラはホラ・・・。

音が出ず・・・

*12月22日の『星祭り祈願祭』のお札作りを始めている。お札に名前と性別を書き、さらに来年の星(生まれ歳によって変わる)のハンコを押して仕上げ。そして『冬至祭』で御祈祷をして来年のお守りとしてお渡しする。

先代住職がいた頃は、取りかかるのが遅く「もっと早くしなさい」と怒られていたものだが、年々歳を重ねるごとに気がせれて書き始めるのが早くなっている。

お札を書きながら、各家の家族構成が垣間見え悲喜こもごもの事も。お札に書かれている年齢は数え歳なので、自分が思っている年齢よりも大きい事になり、嬉しいようなそうでもないような・・・。特に自分の年齢を見て、「え~っ」と毎年驚く・・・。自分の年齢を確認しながら、こりゃ~”ホラ”ばかい吹いている場合じゃないと反省・・・。

お札つくり

11月 7日(月) 出たぁ~

2011年11月07日コメントをどうぞ

出たぁ~!落合監督の非情采配!。私が監督(そんあんありえんけど)なら絶対に岩瀬投手の続投だなぁと思った。岩瀬投手が続投して、仮に打たれたとしても、きっと「岩瀬が打たれたんなら仕方がない」と中日ファンは受け入れるだろう。藤川が(直球勝負にこだわり)打たれたら、阪神ファンは・・・。黙っていないかもしれないが・・・。

試合には勝ち、2年連続10度目の日本シリーズ出場となったが、長年中日を支えてきた岩瀬投手の心中を考えると、なんかヒジョ~に後味が悪い・・・。完全試合目前で降板させられた山井投手の日本シリーズを思い出した。私には、野球少年たちの夢を打ち砕く采配のように思えてならない。

プロの世界は勝ってナンボなのはわかるけど・・・。監督としてはあれでいいのかもしれないけど・・・。私はイヤダ。人間味溢れる采配を望みたい。が、やはり勝ってナンボか・・・。

しかし試合は面白かった。0対0の6回裏、1アウトから荒木がファーボールを選び、その後ランナーとなった荒木選手が館山投手を揺さぶり5度の牽制球を投げさせバッターに集中できなくさせた。それが井端選手の意外(本人もビックリ)!?なツーランホームランを生みだす結果となった。アライバのコンビは何かをやってくれそ~な予感があるが、まさかホームランとは。野球はつくづく面白いと思った。我が阪神タイガースにはとうてい出来かねる芸当だ。おそらく新井選手だったらボールになるスライダーをひっかけてショートゴロダブルプレーでジ・エンドだろう・・・。

我が家の中は、人間味あふれる采配を望みたい・・・。

勝つには勝ったが・・・

11月 6日(日) 1打の重み

2011年11月06日コメントをどうぞ

*若桜町の蓮教寺で法事をお勤めした。お元気な時はお寺によくお参りされていたおばあちゃんの7回忌の法事で、久しぶりにおばあちゃんの笑顔が思い浮かんだ。後席の時、お施主さんの奥さんが、「おばあちゃんのお葬儀の食事の時、この子がみんなの前で、いただきます~と言って手を合わせてくれたんですよ~」と嬉しそうに話しておられた。その可愛い女の子さんも早9才で小学校3年生。「みんなが七つ歳を取ったんですね~」という事に。私は五つくらいかと・・・思いたかった。

閑散とした蓮教寺前の蔵通り

*午後は学成寺にもどり、小祥忌(1周忌)の法事をお勤めした。こちらは、可愛い6ヵ月の女の子の赤ちゃんを連れてのお参りだった。お経中もおりこうさんでお行儀よく愛想を振りまいていたので、法事を終えて、「私も毎日、おりこうさんに、お行儀よくしてるんですけど~」と言おうと思ったが、奥さんが側にいたので、やめた・・・。やはり子供さんや孫さんがお参りして、賑やかなのは何よりの供養だと思う。

*法事を終えてテレビをつけると、画面が女子ゴルフの「ミズノクラシック」最終日、16アンダーで並んだ上田桃子選手とフォン・シャンシャンシャン選手の優勝をかけたプレーオフの激闘を映し出していた。手に汗握るプレーの連続でついにプレーオフ3ホール目で見事バーディーを決めた上田桃子選手が優勝となった。バーディーパットが決まった瞬間、思わず「よっしゃ~!」と。

3ホールにわたるプレーオフの激闘を制し、2年ぶりの優勝を飾ったインタビューで、「もう勝てないかと、おもいました」と号泣する上田桃子さんの姿に感動した。横峰さくら選手も一緒に優勝を争っていたが、17番ホールで桃より一足先に散ってしまった。

上田桃子さんの優勝スコアは3日間で通算16アンダー。我々素人が100のスコアで3日間ラウンドしたとしたら、通算84オーバーになるので、16アンダーと比べるとちょうど100打差となる。このへんがプロの凄い所。

しかし、華やかに見えるが、ツアープロとして生活が成り立つ選手は多くのプロゴルファーの中のほんの一握り。厳しい世界だ。テレビ中継を見ながら、1打の重みをすごく感じた。毎日の1日の重みも忘れずに感じたいものだ・・・。

11月 5日(土) 何事もリズムが大事 

2011年11月05日コメントをどうぞ

夕べ大阪から帰ったあと、梨花ホールへ行き『鳥取ジャズ街がスウィングする』のイベントの一環として開かれた「菊池ひみこ」さんのグループのジャズライブを聞きに行った。

ジャズの演奏が素晴らしいのはもちろん、演奏者の背後のスクリーンに映し出される、徳持耕一郎さんが即効描写で描き出す絵も素晴らしく、演奏とマッチして面白かった。全く異なるものが融合する事が本来コラボレーションなので、これこそコラボレーションだと思った。

徳持さんが、「CDを聞いているだけでは、なかなか絵は書けません。この現場でのライブ感がこそが感性を引き出します」と言われていたが、なるほど~と思った。バーチャルから生まれてくるものは乏しい・・・。帰りに若桜橋詰の「モッブスフェローズ」さんで食事をしたが、調子に乗ってワインをちょっと飲み過すぎ・・・。

ジャズライブ

今日は午前中、法事をお勤めし、午後は福を授かる、福の神、商売繁盛の神様、大黒天を祀る『大黒天神祭』をお勤めした。大黒さんの縁日は、甲・子(きのえ・ね)の日で1年に6回あるが、今日6回目で、本年納めの『大黒天神祭』となった。1年の早さを感じながらお勤めさせて頂いた。

 

まずはお経を読み

 

大黒様を湯せん(お湯で洗い清める)

日蓮宗では、お経を早く読む時、木しょう(木魚が進化したもの)でリズムを刻みながら元気よくお経を読む。お経を読みながら、昨夜のジャズのリズムが重なって・・・。

何事もリズムが大事!

 

11月 4日(金) 水墨画展

2011年11月04日6件のコメント

芸術の秋真っ盛りという事で、大阪都島区にある藤田美術館へ『平川 功 水墨画展』を観に行った。

水墨画は墨で書かれているわけなんだけど、彩色の絵よりも色が見えてくるような気がした。見る人のその時々の気持によっても見え方が違ってくるんだろうな~とも思った。

平川さんが、「絵を書くときは、固定観念を持ったままだと良い絵は書けません。たとえば玉ねぎを見ても、それが玉ねぎだと思うと、その固定観念が作品の邪魔をしてしまいます」と言っておられた。自分が宇宙人になった気持で、初めて玉ねぎを見たという状況で玉ねぎを書くと、その絵は素直な絵となって無限の可能性を伝えるものとなる。というような事も言っておられた。

普段の生活も、固定観念を取り払う事ができたら・・・いいのになぁ~・・・。

作品を見ていると、水墨画には何も書かれていない部分が結構ある事に気がついた。何も書かれていないんだけど、書かれていない部分がある事によって、その絵は成り立つ。また、書かれた部分がある事によって、何も書かれていない部分が生きてくる。無いものが見える、無いけどもある、あるけども無い。平川さんとそんな話をしていると、禅問答のようになって・・・。

水墨画を堪能し、素晴らしい作品を前に、あ~だこ~だと言っているうちに、あっ言う間に時が流れ・・・ほっと心癒されてほんとに楽しいひと時となった。素晴らしい御縁に感謝しながら帰途についた。怪しい3人組の道中も楽しかった!

八重桜を前に 平川さんとツーショット

 

みんなで!

 

 

11月 3日(木) カスピ海

2011年11月03日2件のコメント

*朝食卓に怪しげなものが登場した。何かと思ったら「カスピ海ヨーグルト」だった。奥さんが、カスピ海ヨーグルトが簡単にできる「ヨーグルトボックスセット」を入手していたらしい。

早速、リンゴジャムをのせて食べたてみたが、リンゴジャムの甘さとヨーグルトの酸味がマッチして、素直に・・・美味しかった。

美容と健康にどうのこうのとう話だが、美容に関しての、コメントは控えさせて頂いた・・・。

カスピ海ヨーグルト

*夕べ、Ku Ramp(クランプ)というお店で、貴重な映像を見せてもらった。アイパッドでYou Tubeを開き、それを大画面テレビに接続してあるという事だったが、音響も素晴らしかった。

マスターが、「なんでもあります。リクエストに答えますから~」というので、1970年代のロックバンド、マウンテンの「暗黒への旅路」とか、ユーライア・ヒープの「ルック・アット・ユア・セルフ」、フォートップスの「マミーブル」とか、日本のロックバンドで先日亡くなったジョー山中さんがボーカルだったフラワートラベリンバンドの「メイクアップ」「失われた日々の影」などと超~マニアックなリクエストをしたら、全部映像つきで演奏が流れた。すご~いと感動した。

ユーライアヒープなど当時(中学生の頃)でも写真でしか見た事がなく、動くライブ映像を見たのは多分初めてだと思う。つくづく今は良い時代だと思った。音楽には、その当時自分の思い出映像も重なっているもので、懐かしく味わい深いひと時となった。

懐かしく若い頃をふりかえれるのも、体も心も元気であればこそだ。毎日カスピ海ヨーグルトを食ぁべよ~(*^_^*)