不思議な御縁 | 学成寺
今月の言葉

不思議な御縁

2007年11月01日コメントをどうぞ

kotoba_1911

平成19年11月1日  「不思議な御縁」

毎年11月をむかえると思い出す事があります。

数年前の事になりますが、ある二人の御兄弟が北海道からお寺を訪ねてこられました。話を聞くと、自分達の御先祖さんは、200年ほど前に鳥取の賀露港から船に乗り、開拓団として北海道に渡ったという事が分り、御先祖を尋ねてはるばる鳥取までやって来られたとの事でした。

お話を聞き、早速に学成寺の過去帳を調べてみると、なんと、おっしゃる名前の御先祖さんが書いてあるのが見つかりました。

境内墓地に、ここは北海道に行かれた家のお墓だと、伝え聞いているところがある事を話し、お墓に行ったところ、おそらくここに間違いないという事で、お墓を掘り起こす事になりました。

午後になり、業者の方の手によって、お墓を掘り始めたところ、土台の石の下から50センチほどの小ぶりの墓石が出てきました。おそらく昭和20年の鳥取大地震で石塔が倒れ、そのまま土に埋もれていたのでしょう。正面には戒名、側面には御命日が記されている墓石を洗い、御命日を見てみると、その日は11月30日だったのですが、墓石に記された御命日は、なんと11月30日でした。たまたま尋ねて来られたその日が、御命日のお墓でした。お二人は涙を流して喜ばれ、私も思わず手を合わせ、しばし言葉が出ませんでした。

どんなに離れていようと、年月が過ぎていようと、時間も空間も越えて繋がる縁(えにし)を感じずにはおれませんでした。石塔は境内の無縁墓地にまつり、お二人は一握りの土を大切に胸に抱いて御先祖様と一緒に北海道へ帰って行かれました。

世の中、目に見えている物が全てではない事を感じる、忘れられない出来事となりました。いろんな縁(えにし)により生かされている事を感じながら、毎日を前向きに元気に送りたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です