極楽を保証されても娑婆がいい | 学成寺
今月の言葉

極楽を保証されても娑婆がいい

2012年07月01日コメントをどうぞ

2012_07

『極楽を保証されても娑婆がいい』とても味わい深いこの言葉は、亡くなってから良いと処へ行けると保証されるのもいいけれど、やっぱり生きてこそという思いが込められた、相田みつをさんの言葉です。

以前ある方がこの言葉を見られた時に、「これは~なんと読むんですかいな~。え~と、極楽を・・・」までは良かったんですが、「え~と、ババアがいい・・・おしょ~さん。歳とっても元気が一番ちゅう~事ですかいな~」と。「ある意味そういう事ですね~」と大笑いしました。

「娑婆」とは、インドの言葉で私達の住んでいる処の事をいいます。イメージとしては楽の出来る良いところのように思われていますが、その語源となったインドの言葉サーハーには、「耐えて忍んでいるところ」というい意味があります。

なるほど~と思います。

日々の生活の中で、いろんな困難が生じてきますが、私達の住んでいる所は「娑婆」なので、それは当たり前の事と言えます。そう思うと少しは気が楽になり元気が出てきます。

いろんな困難を乗り越えながら生きている姿。それこそが、生きている証しという事です。

『極楽を 保証されても 娑婆がいい』イキイキと『娑婆』を生ききりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です