留守番 | 学成寺
今月の言葉

留守番

2013年08月01日1件のコメント

2013_08

ある方から、「お盆には御先祖様は家に帰っておられるから、お墓に参っても留守ですよね」と尋ねられました。

お盆のお墓参りには、留守のお墓は私達が掃除して灯りをともしてちゃんと様子を見ておきますから、安心してお家に帰っていて下さいねという留守番の気持がこめられていました。

外出して家を空けた時の事を『留守』といいます。自分達は外出して誰もいないように見えるけど、姿こそ見えないけど、”留まって 守って下さっている方(御先祖様)がいる”という事です。

心がホッとして、なにかしら素直な気持ちになれる。『お盆』って不思議な季節だと思います。

『盂蘭盆』とはインドの言葉『ウランボン』が語源で略して『お盆』となりました。その意味は、逆さまに吊り下げられたような苦しみという意味で、自分勝手な行動はやがて自分に帰って来て大変な事(逆さまに吊り下げられたような苦しみを受ける)になりますよという戒めの言葉です。

温暖化や近年の猛暑は人間の行いが自然界の変化に加担している事を考えると、我々人間はまさに『ウランボン』の状態にあると言えます。

この機会に、命を繋いで下さった御先祖様に感謝し、「ウランボン」にならない日々の行い考えましょう。

留守番 への1件のコメント

  1. Gosh @Norguard, did you write such a long coment to make a point about comments being articles too 😉
    michael kors outlet handbags http://michaelkorsoutletonline.makesit.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です