ブログ

 3月18日(水)お彼岸ってなに!

2020年03月18日2件のコメント

*お彼岸になったので 🙂

川が真ん中にある状況を仮定し、こちら側の岸 を私達が暮らしている迷える場所として『此岸 』。川を渡った向こう側を私達が明るく皆んなが仲良くイキイキと生きている理想の状態があると仮定し、彼方の岸 という事で『彼岸』と言います。
川を渡って行く事を日々の暮らしに例え、日々をイキイキと生きる為の方法を『ハラミータ』(波羅蜜)といいます
川を渡り彼方の岸に到ると言う事からハラミータが『到彼岸』と訳されて『彼岸』となりました
彼方の岸に到達する行いが六つあり、それが六つのハラミータで『六波羅蜜』と言います

《誰にでも意外と簡単に出来る(はずの)生き易い六つの方法》
『六波羅蜜』
1、みんなと物を分け合いましょう(布施行)
2、ルールや約束を守りましょう(持戒行)
3、ちょっと我慢してみよう(忍辱行)
4、何事も一生懸命やってみよう(精進行)
5、慌てないでゆっくり考えるよう(禅定行)
6、何が良い事か、悪い事かよう考えてみよう(智慧行堂)

三つ子でも分かる簡単な事が幾つになっても・・・
布施行とはサンスクリットのdana(ダーナ)の訳で、施しをする事によって執着を捨て去るという意味があります旦那さんの語源はこのダーナが語源です 🙂

 3月18日(水)お彼岸ってなに! への2件のコメント

  1. はすかおる より:

    誰とは、言いませんが彼岸には到達できない思います。当たり前の事が出来無いのが大人です
    お釈迦様の伝道師にも責任ありませんか?

    • admin より:

      都住職です!
      私も到達できません。
      そうなんです。しかも、説明責任を一番果たしてきてないのが坊さんですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です