ブログ

 4月 8日(水)蓮教寺へ

2020年04月08日2件のコメント

*若桜町の蓮教へ行くと、境内のしだれ桜は葉が増えたもののまだほとんど花が残っていて綺麗だった 🙂

だがしかし、暖かくなってくると草が生えはじめ・・・ 😥

除草剤を散布した。

この綺麗な桜の景色を見ていると、コロナ騒動がウソのように思えてくるが・・・ 😥

本堂掃除

本堂掃除

まだまだ綺麗な枝垂れ桜

まだまだ綺麗な枝垂れ桜

除草剤散布

除草剤散布

*今日はお釈迦さまのお誕生日『花まつり』
お釈迦様は生まれてすぐに七歩いて、『天上天下唯我独尊』と言われたとか、甘露の甘い雨が降り生まれて誕生を祝ったとか、母の左のわきの下から生まれられたとか語られるけど、人間が生まれてすぐ歩くはずもないし、空から甘い雨が降るはずもないし、人間がわきの下から生まれるなどという事もありえません。

お釈迦様の母マーヤ夫人は、シャカ国と敵対するコーサラ国から嫁ぎ、そしてお釈迦様を身ごもられ里帰り出産の旅にでます。ところが旅の途中急に産気づかれ、ルンビニー園という公園で大変な難産の末お釈迦様を出産されました。マーヤ婦人は休養する間もなくシャカ国へ引き返すという無理がたたり七日後に亡くなられてしまいます。母を失われたお釈迦さまは母の妹マハーパジャパティさんに育てられる事になります。

お釈迦様は、生まれてすぐ七歩あるいて云々というのは七日後に母が亡くなられた事を表し、『天上天下唯我独尊』とは独りよがりを表す悪い喩えに使われますが、本来は一人一人の命というのは誰にも替わりが出来るものではない尊いものである事を表した素晴らしい言葉です。
釈迦は左のわきの下から生まれたというのも、通常分娩ではなく帝王切開のようなかたちで生まれられた事を表すものでしょう。そして難産で生まれたお釈迦様に薬湯として使ったのが甘茶です。

お坊さんが、美化されたお伽噺のような事だけを言い続けているから、とうとう子供達にも相手にされなくなり大切な『花まつり』が廃れてしまいました 😥

「花祭り」は、釈迦の誕生を祝うと同時に、命を頂く有難さ、命の重みを考える素晴らしい機会です 🙂

そんなお釈迦様のお誕生を祝いイキイキと毎日を生きるきっかけづくりとなる学成寺の『花まつりライブ』は今年17回目を迎え6月14日午後2時を予定していますが、新型コロナウイルスの影響を鑑み、中止など予定の変更を余儀なくされる場合もあるやもしれません :cry:ご理解のほど宜しくお願いいたします。

花まつりライブ

花まつりライブ

 4月 7日(火)草取り

2020年04月07日4件のコメント

*今日は暖かくて絶好の草取り日和 😛

という事で、珍しく境内の草取りをした 🙂

草取りをしていると、奥さんが「あんまり変わった事をすると雨が、いや、雪が降りますよ」と。

雪が降る・・・、望むところだ 😛

変わった事をするとくたびれた 😥

草取り

草取り

草取り

草取り

草取り

草取り

 4月 6日(月)名残おしい・・・

2020年04月06日4件のコメント

*いまだに玄関の片隅に置いてあったスキーとボードが邪魔だという事で、とうとうというか、やっと片づけた 🙄

スキーは結構履いたけど、結局ボードは1回履いたきりだった。

70代で元気に滑っておられる方が身近におられるので、スキーは生涯スポーツ、そしてボケ防止として出来る限り続けたいと思っている。

来シーズンの降雪を期待しながら片づけた 🙂 しかし、名残惜しいなぁ 😛

スキー

スキー

 4月 5日(日)お別れ

2020年04月05日4件のコメント

*蓮教寺のお檀家さんのお葬儀をお勤めさせていただいた。

養鶏業を営まれ、休む間なく一生懸命働き日々を積み重ねられた方だった。お寺の地区世話役としても大変お世話になり、いつも穏やかに見守ってくださっていた。これからも見守って頂きたいと思いながらお勤めさせていただいた。

八坂の霊場(荼毘所)に着いた時、今まで気づかなかったが近くに鶏を飼っているらしく鶏の鳴く声が聞こえた。養鶏業を営まれていた故人にお別れをつげるようだった。85歳の旅立ちだった。

蓮教寺

蓮教寺

 4月 4日(土)恵方参り

2020年04月04日4件のコメント

*今日は十二節気の『清明』という事で、自宅から西の南10°の方向にある『倉見神社』さんに恵方参り(^。^)

運気が上がりますように!

倉見神社

倉見神社

恵方参り

恵方参り

恵方参り

恵方参り

 4月 3日(金)しだれ桜

2020年04月03日4件のコメント

*若桜町の蓮教寺へ行くと、境内のしだれ桜が満開だった 🙂

綺麗だったので携帯でカシャっと 🙂

駅前の桜も満開 🙂

若桜町は名前のとおり桜が沢山ある町だ。しばしコロナを忘れて綺麗な桜に見とれさせてもらった 🙂

境内

境内

しだれ桜

しだれ桜

満開

満開

若桜駅前

若桜駅前

*Facebookで過去の思い出というのが出てきて忘れていた事を思い出させてくれるが、3年前の今日は、なんとわかさ氷ノ山スキー場で友人と滑り納めをしていた 😛

朝のゲレンデはガリガリ状態だったけど、少し緩むとコンディションがとても良くなり名残惜しみながら11時頃まで滑った事を思い出した 😛

今年と比べると、まったく考えられない状況だ。来年はどうなるのかなぁ 🙄

絶好のコンディション

絶好のコンディション

怪しい・・・

怪しい・・・

綺麗なゲレンデ

綺麗なゲレンデ

リフト

リフト

 4月 2日(木)お誕生日

2020年04月02日4件のコメント

*娘夫婦が帰省していたので、ちょっと早いけど息子の誕生日をささやかにお祝いした 🙂

娘がケーキを運ぶときに箱を傾けてケーキが少し変形 😛

でもおいしく頂いた 🙂

ボンヌ・ノノさんのケーキ🎂はおいしいなぁ 🙂

ありがたや

ありがたや

ケーキ

ケーキ

 4月 1日(水)桜

2020年04月01日4件のコメント

*新年度4月の始まりは雨の一日となった。

ので、先日撮った袋川桜土手と久松公園の桜の写真をアップしてみました。

この先どうなるのか不安が募る毎日ですが、桜を見て少しはホットしたいものです 🙂

鋳物師橋から久松山を望む

鋳物師橋から久松山を望む

花見橋

花見橋

久松公園入口から久松山

久松公園入口から久松山

久松公園内

久松公園内

お堀

お堀

桜

 3月31日(火)袋川桜土手

2020年03月31日4件のコメント

*自粛中なのでお花見は控えて、ほぼ満開の袋川桜土手を車で通ってみた 🙂

とても綺麗だった 🙂

 3月30日(月)お葬儀

2020年03月30日4件のコメント

*お葬儀をお勤めさせていただいた。

昭和20年広島で仕事をしておられ被爆されるも、九死に一生をえてふるさと鳥取に戻られ体調の回復を待って県庁職員となられ、元気に一家を構え子供さんを育て上げ職務を全うされた方だった。

近年は語り部として戦争の悲惨さを世の中に伝えておられた。とても丁寧な方だった。

お寺によられると、うちの母と話をするのを楽しみにしてくださっていた。母とにこやかにお話をされている姿が思い浮かんだ。92歳の旅立ちだった。

故人が書かれた毎日訓が飾られていて素晴らしかった。『晴れても 曇っても がんばっても なまけても 一日は一日 今日を精一杯生きてみる まずそれから』

毎日訓

毎日訓

お葬儀

お葬儀

1 / 33412345...102030...最後 »