今月の言葉

達人たち

2020年02月01日コメントをどうぞ

2020_02

NHK教育テレビの『SUIXTUTI INNTABYU 達人たち』でのジャズピアニスト山下洋輔さんと解剖学者養老猛さんの知的好奇心に富んだ会話はとても勉強になりました。

養老さんに、燃えていくピアノを演奏した事など過去の様々な演奏について聞かれると山下さんは、「演奏は良かったとか悪かったとかではないですね。やった事はやった事。今、その時やりたい事をやればいいんです」と。これは自分のやった事にはちゃんと責任を持ちなさいというメッセージだと思いました。

山下さんが養老さんに「昆虫は音でコミニケーションを取っているんですかね」と聞くと、「昆虫は音を出してますが、それは単なる空気の振動です。音は消えていくので、あとくされがありませんから。誰かに悪口を言われたとしても、それはしょせん空気の振動だと思えばいいんです」。

山下さんが「やった事はあとくされ無く捨てていく。これはジャズですね~」。というと養老さんが「自分ってなんだ、なんて考えても無駄ですよ。みんなまともな自分があると思いたいだけなんですよ」と。なるほど~と思いました。

最後にこれからの夢は何ですかと聞かれると、山下さんは「夢は人がつくってくれるものですよ。だって今までの自分の人生はご縁があり人がつくってくれたものですから。これからもずっと夢を見ていたいですね」と。養老さんは「夢が実現するのは難しい」と一言。

そして養老さんが「人は徐々に死んでいくんですよ。人が死ぬのを納得するのは難しく時間がかかる。だから1周忌・3回忌と続くんです」と言われたのも納得のいく、いい話だと思いました。

毎日を興味深々で生きているお2人のお話はとても面白い対談で、聞いていて毎日が楽しくなる気がしました。私達も毎日を興味深々で楽しく過ごし沢山の発見をしたいものです。

初詣

2020年01月01日コメントをどうぞ

2020_01

『毎年が生まれて初めての歳』 令和2年 庚・子(かのえ・ね)歳、新年明けましておめでとうございます。

今年も新年をむかえ沢山の方々が神社仏閣に初詣をされ、賽銭箱にチャリーンとお賽銭を投げ入れて沢山のお願い事をされた事でしょう。

お参りをされた方に「初詣で神仏にお願い事をされて、お礼を言われた事がありますか」と聞くと、ほとんどの方が「あっ、そういえばお礼を言ったことはないかもしれません」と言う方が多いと思います。

もしも自分が神様になったと仮定してみてください。「チャリーンとわずかなお賽銭を投げ入れて、お願い事をして、お礼に来ないとは」と思われることでしょう。

やはりお願い事をしたなら、ちゃんとお礼もいえたら良いと思います。

お願い事よりも、むしろ、有難うございますの感謝の気持ちと、ゴメンナサイの反省の気持ちを込めて手を合わせればそれで十分だと思います。

『毎年が生まれて 初めての歳』今年も、すべての事に感謝の気持ちを忘れずに、体も心も元気に過ごしましょう。