今月の言葉

防犯カメラ

2004年04月01日コメントをどうぞ

kotoba_1604

平成16年4月1日

先日テレビで、防犯監視カメラを町のあちこちに設置したほうがよいのでは、という事が取りざたされていました。プライバシーの侵害だという意見もありましたが、最近の凶悪犯罪の増加や生活のモラルの低下など考えると、なんとも言えない気がします。

富士山は日本を代表するすばらしい山で、私も飛行機がら見た富士山のすばらしい景色を忘れることはありません。とくに雪をかぶった姿などは絶景です。しかし、今、富士山は登山者がゴミを捨てて行き、その残していったゴミなどで、山肌が汚されゴミだらけだそうです。そんな現状の事を知ると富士山にまで、防犯カメラを設置したほうがいいのではと思ってしまいます。

昔の人は、「お天道様は、何もかもお見通しだ。たとえ自分はごまかせても、お天道様をごまかすことは絶対にできない。お天道様をまともに拝めなくなったら、人間はおしまいだ」というようにお天道様を大切にし、何かにつけてお天道様が心の支えとなっていたと思います。お天道様が、私たちの「監視カメラ」であったのかもしれません。

そのころの空は青く、すっきりと澄んでいて、太陽も明るく大きく見えた事でしょう。ところが、最近の子供達の書いた絵には、空や太陽が灰色に塗られている絵があるそうです。これではお天道様を拝みなさいとは、ちょっと言えませんし、たとえ言ったとしても子供達は納得しないでしょう。 ほんとにいやな世の中というか、考えてみると私達がいやな世の中にしてしまったわけです。

私達は一体この始末をどうつけたらよいのでしょうか。 でも、太陽はまだなくなっていません。私たち一人一人が、自分だけよければ、人が見ていなければ・・・という自分勝手な気持ちを抑え勇気ある行動をとることによって、灰色から再び燦然とかがやく明るい太陽を取り戻すことが出来、社会も家庭も明るく暮らしやすい世の中になると思います。

お天道様はなにもかも、おみとうしです。

ツイてる ツイてる

2004年03月01日コメントをどうぞ

kotoba_1603

平成16年3月1日

「節分過ぎて七ゆき」という言葉をよく耳にします。節分が過ぎてもまだ七回は雪が降るという意味だと思っていましたが、本当は違うそうです。

「ななゆき」の「ゆき」とは降る雪ではなくて、何処へ行くの「行く」いう字で、「いちゆき」とは一週間のことを言い「ななゆき」とは一週間が七回の事を言うのだそうです。つまり、節分が過ぎてもまだ一週間が七回、49日ぐらい経たないとまだまだ暖かくなりませんよ。という事なのだそうです。

そんな中、春を呼び込むような、鳥取出身 「こころ舞」さんの書いた『ツイてる!ツイてる!』(読めば読むほどツイてくる)という本に出会いました。どんな時でもツイてる!ツイてる!と言葉に出すことで、どんどんツキを呼び込めるというのです。たとえば、旅の途中ノドがカラカラになっていた時に、水が半分は入ったコップがあったとします。それを「なんだ、たった半分か」と言う人と、「なんてありがたい半分も水が入っている」と言う人では、この先起こることが180度違ってきます。

舞さんは言います。スーパーに買い物に行って一番遠くの駐車スペースしか空いてなくても、最近運動不足だったから歩くことが出来てよかった。近くの駐車スペースが空いてなかった事に感謝。ツイてる!ツイてる! 友人に叱られても、最近調子にのっていたから言葉を慎みなさいとの戒めだ。叱ってくれた友人に感謝。ツイてる!ツイてる! さらに舞さんはうつ病を病んでいたそうですが、あの苦しみは私に与えられた人生の糧となった。そのお陰で今がある。うつ病を体験して良かった。うつ病になった自分に感謝。ありがとうございました。ツイてる!ツイてる! といった具合です。

舞さんはどんな時でも、ツイてる!ツイてる!と言葉に出すことで、何を見ても何を聞いても感謝の心がわいてきてプラスの考えで言葉が出るようになり、生き方が変わってうつ病から立直ることが出来たそうです。

私達も ツイてる!ツイてる!と言葉に出してみましょう。必ず何かが変わります。このホームページを開いたあなた、とってもツイでます。

命の旅

2004年02月01日コメントをどうぞ

kotoba_1602

平成16年2月1日

先日、NHKテレビで2004年 寿命 命の旅という番組がありました。

今、世界で平均寿命の一番長い国は、日本で、一番短い国は、アフリカのシエラレオネという国だそうです。日本人の平均寿命81.9歳に対しシエラレオネはなんと34歳で、乳幼児の死亡率が高く、4人に一人は5歳まで生きられないのだそうです。その原因は、内戦による飢餓で、内戦がおさまった今も、食料不足による栄養失調で、短命を余儀なくされているのだそうです。

かたや、豊かな国アメリカでは、片寄った食生活により、栄養を取りすぎ、肥満が原因で平均寿命が短くなりつつあり、食べ過ぎをふせぐ目的で、年間10万人もの人が 胃を半分にする手術を受けるそうです。日本もアメリカに近い状況だと思いますが、 同じ地球にいながら、食べ物がなくて寿命を縮める国があれば、ありすぎて寿命を縮める国があるわけです。

寿命の短いシエラレオネの子供たちは、毎年クリスマスを迎えると「神様、私は今年も生きられた、ありがとう。」という詩をみんなが歌うそうです。いつ死ぬかわからないから「生きる」とうい事を、身を持って、とても大切に感じているのです。
ほとんどが死んでゆく中で、死ななかったこと、今日一日生きられた事に感謝し、一人一人が誰におそわるでもなく、ごく自然に命の重さを感じ、生きられた自分が何か役に立つ人間になりたいと願う姿、世界で一番命の短い国で、精一杯生きようとする子供たちに、生きることの大切さを教わった気がしました。
インターネットであるお寺のホームページを見ていたところ、こんな言葉に出会いました。

「私が無駄に過ごした今日一日は、昨日死んだ人が痛切に生きたいと願った一日」考えさせられる言葉です。今月は、節分の月です。前向きに精一杯生きる姿が「邪気」を払い「福」を呼び込みます。まず今日一日を一生懸命生きましょう。

20 / 20« 先頭...10...1617181920